個人型確定拠出年金をお勧めすることができる理由とは

節税効果で資産を形成する

個人型確定拠出年金はiDeCOという愛称で最近耳にすることが増えているもので、これまで存在した企業型確定拠出年金に加えて、新たに自営業者や主婦の方などが加入できるようになる確定拠出年金制度です。その特徴は拠出した掛け金を所得から控除することができるため、その金額に適用される税金の支払いが不要になるという節税効果があるということで、拠出する金額にもよりますがこれだけでも年に数万円を浮かせることが可能です。もっとも、年金を受領できるようになるのは退職後となりますので、すぐに金銭を必要とする方にとってはメリットは少ないですが、老後資金を貯めていきたいという方にとっては優れた制度であると言えるでしょう。

長期投資で効率的に老後の備えを!

個人型確定拠出年金のもう一つの特徴は、運用先の商品のほとんどが長期投資に適したものであるということです。具体的には各種インデックスに連動して価格が変動するタイプの投資信託などで、これらは一般的に信託報酬水準が低く、余計なコストを掛けずに運用することが可能なものとなっています。なるべくリスクを分散させるためには複数の資産をポートフォリオに組み入れることが望ましいのですが、商品によってはあらかじめ日本株と外国株や株と債券などのように異なる資産に分散して投資するようなタイプのものがありますので、自分で選ぶのが大変というのであればそのような商品を選択するのが良いでしょう。長期に分散して投資を行うことでリスクを抑えて確実に資産形成を行うことができるのが個人型確定拠出年金の大きなメリットとなっています。

株式を中心に運用すると、個人型確定拠出年金の節税効果を最大限に活かせます。運用コストが割安なファンドを選ぶのが、効率的に資産を増やすコツです。