遺産の額を基礎控除額より少なくする!

相続税の計算方法は、遺産の額から基礎控除額(3,000万円×法定相続人の数)を差し引いた金額に税率を掛けて求めます。つまり、遺産の額が基礎控除額より少なければ相続税は掛かりません。遺産を少なくする代表的な方法には、生命保険を活用する事、生前贈与をする事、特例を適用する事などがあります。

生命保険は非課税枠がある!

生命保険を活用すると、被相続人の死亡後に受け取った生命保険金から非課税枠(500万円×法定相続人の数)を差し引く事ができます。つまり、非課税枠の分だけ遺産が少なくなり、節税となります。また、他の節税方法に比べて手軽にできる事、遺産分割の対象にならない事などもメリットと言えます。

生前贈与は非課税の特例で!

生前贈与には様々な種類がありますが、贈与税が掛からないようにする事が重要です。例えば、相続時精算課税制度では被相続人が死亡するまでに贈与した財産の額が2,500万円までなら贈与税は掛かりません。被相続人が子供や孫などの直系卑属に対して、居住用住宅を取得するための費用や教育資金、結婚や子育て資金を贈与した場合も300万円から1,500万円が非課税となります。

特例を活用して節税する!

相続税を節税できる特例は、小規模宅地等の特例や配偶者の税額軽減などがあります。前者は土地の評価額を50%から80%に減額する特例で、後者は配偶者が相続した財産の額が法定相続分または1億6,000万円までであれば非課税となる特例です。いずれも相続税の申告を期限内に行う事が要件ですが、節税効果が非常に高い特例です。

相続税の税理士を埼玉で選ぶ時には、これまでの経験や実績を確認しておくことは勿論、相談しやすいかどうかを確認しておくことが大切です。