個人型確定搬出年金とは

個人型確定搬出年金とは、加入者が月々一定数積み立てる金額を元にして、金融商品として運用し、60歳以降に年金などの形で受け取る仕組みです。銀行や証券会社、保険会社などで「iDeCO」として、公務員や会社員、自営業者などを対象に販売されています。月々5,000円から1,000円単位で積立可能、金額の変更は年1回、搬出の休止と再開は自由に行なえます。積立金は全額が所得控除の対象となり、運用益にも税金がかからないといった、税制上のメリットがあるため、所得税を支払っている人は住民税との税負担が軽減されます。受け取る場合も、年金なら公的年金等の控除、一時金なら退職所得控除の対象となることから、老後の資金としての活用が期待されます。

確定個人年金との相違点

確定個人年金は、各種保険会社が販売している非運用型の金融商品であり、資産運用に特化したiDeCOとは、別の性質を持っています。一定の年齢以上から受け取ることができますが、確定個人年金は下限が55歳から、申込時に受取金額が決まっているなどの特徴があります。運用にとらわれずに一定額がほしい、60歳を待たずに受け取る場合、確定個人年金が適しています。積立金にかかる税金控除額は、確定個人年金なら所得税が最大4万円、住民税が最大28,000円となるのに対し、iDeCOは、所得税と住民税が運用額全てに適応されます。受け取る金額が多いほど、支払う税金の金額が節約できる利点があります。60歳を過ぎても構わないが少しでも多くの金額を受け取りたい場合に、iDeCOが適しています。

安心して老後を過ごすためにはiDeCO加入がおすすめであり、10年以上加入しておけば60歳から受給が可能です。