社会人必須スキル!エクセルを使って業務効率化

使い方を工夫して業務効率化を図る

会社員として働くなら最低でもPC関連スキルは持っておきたいです。特にデータベースを作成できるエクセルの操作は情報化社会の現代では必須スキルと言えます。エクセルには様々な機能が備わっており、その機能の使い方を知れば知るほど業務の幅が広がります。普段からエクセルを使っているという人でも、エクセルが持つ力を50%も活かせていないそうです。一般的な会社ならそれでも仕事が出来ますが、使い方を工夫すれば面倒な単純作業を減らすことができます。自分で作業する時間を減らしたり、入力業務を短縮したりできれば、作業に要する負担は軽くなります。社内全体でエクセルによる業務効率化を図れば高い生産性を得られることでしょう。

エクセルで使いこなしたいマクロ機能

業務効率化を図る際に使いこなしたい機能にマクロと呼ばれるコマンドがあります。マクロはユーザーが操作した手順を記録することができる機能です。記録された手順はマクロを実行すると引き出すことができます。マクロによって一時的に自動で作業してくれるのは便利だと言えます。単純作業の繰り返しといった業務はマクロの得意とすることで、ユーザーはマクロを実行している間に休憩を取ったり、他の業務を確認したりといったことができます。また、一度正確に操作を記録すれば、マクロは確実にその操作を実行してくれます。ヒューマンエラーの心配は必要無いと言えるでしょう。もしもマクロによって間違いが起きてしまったら、それはマクロの組み方や仕組みを理解出来ていないことが原因だと考えられます。何度もマクロを利用して使いこなせるようにしましょう。

事務会計の仕事には、もはや必須のセクセル。表計算ができれば入力だけで電卓を使う必要なし!エクセルの講座で覚えましょう。